Top Gmail ;>Gmailのスパムメッセージに未読数を表示しないGreasemonkeyスクリプト「Gmail Spam-count Hide」(Firefox)
2007年11月18日

Gmailのスパムメッセージに未読数を表示しないGreasemonkeyスクリプト「Gmail Spam-count Hide」(Firefox)

Gmailにはスパムメッセージ専用のラベルが用意されており、迷惑メールなどはこの中に未読として仕分けされます。

このスパムは、”迷惑”なものなので当然ながらほとんどの場合未読になりますが、どうせ読まないのに未読もなにもないとお思いの方もいらっしゃるでしょう。

そう感じているのなら、FirefoxユーザーおなじみのGreasemonkey用スクリプト「Gmail Spam-count Hide」を利用してみましょう。

Greasemonkey導入済みのFirfoxに「Gmail Spam-count Hide」インストールすると”未読”なスパムメッセージも既読のように未読数が表示されなくなります。

標準の場合


Gmail Spam-count Hide_01.JPG


スクリプト導入済みの場合、以下のように未読があるにも関わらず全て既読のように数値が表示されなくなります。


Gmail Spam-count Hide_02.JPG


どうせ捨てるメールに、こういった数値を表示して未読があるかのように感じさせられるのが煩わしい方はご利用ください。

(このスクリプトはニューバージョンのGmail利用時には動作しません。)


インストールページ:Gmail Spam-count Hide

*追記:いよいよGmailの容量が5GBを超えてきましたね、アナウンス通り確実に巨大化していくGmail。今後どこまで増えるのか楽しみです。

<関連記事>

■Gmailの見た目をかっこよくするGreasemonkeyスクリプト「Gmail Super Clean」


■Gmailに”しつこい”検索ラベルを追加するgreasemonkeyスクリプト「Persistent Searches」

ロリポップ!なら月々263円から

3つのブログ、オンラインショップ、ウェブメーラーがついてくる!!



WEBの神?Google情報局 Topページへ戻る
posted by G-master at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gmail

 

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
プライバシー ポリシー

プライバシー ポリシー当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。