Top Google Earth ;>「Google Earth4.2」のFlight Simulator機能で空を飛ぼう!
2007年09月01日

「Google Earth4.2」のFlight Simulator機能で空を飛ぼう!

先週リリースされた最新版のGoogle Earth4.2に、フライトシミュレーター機能があるというので試してみました。

リアルな地球を感じることができるGoogle Earthの仮想世界を、2種類の飛行機で飛び回ることができるこの機能で、リアルなフライトを味わってください。

リリースノートにも書かれていなかったこのFlight Simulator機能は、Google Earth4.2を起動し、ショートカットキー「Ctrl+Alt+A」で使うことができます。

まず最初に、飛行機のタイプ、出発する空港を選択する画面が表示されますので、好みの航空機と空港を選択して”フライトを開始”ボタンをクリックします。


Flight Simulator_01.jpg


そうするとGoogle Earthが全画面表示となり、航空機のコクピットから見た視界が表示されます。


Flight Simulator_02.jpg


そのままでは飛行機は止まったままです。

キーボードのPageUpキーがスロットルですので押してみましょう。徐々に飛行機が進みはじめます。

あとはキーボードの←→キーやPageUp・Downキー、または、画面上の座標?をマウスで360度動かすことによってコントロールすることができます。

飛行操作は慣れるまでなかなか難しく、適当にやっていたらすぐに墜落してしまいます。


Flight Simulator_03.jpg


初心者の方はマウスを使ったコントロールで30分ほど触っていればきれいにフライトすることができます。

Google Earthでおなじみの景色や建造物が眼下を通過するのはなかなかおもしろいものです。

このフライトシミュレーター機能はジョイスティックなどにも対応しており、ちょっとしたゲーム感覚で利用することもできます。

見るだけの機能に、操作するという機能も加わったGoogle Earth。またはまりそうですね。


WEBの神?Google情報局 Topページへ戻る
posted by G-master at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | Google Earth

 

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
プライバシー ポリシー

プライバシー ポリシー当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。