Top Google ドキュメント ;>「Google Docs & Spreadsheets」でドキュメント作成と予定を共有する方法。
2007年07月24日

「Google Docs & Spreadsheets」でドキュメント作成と予定を共有する方法。

Googleのオンラインオフィス「Google Docs & Spreadsheets」には、ドキュメントごとに”共有”という項目が用意されています。

共有設定を行うことにより、ドキュメントやワークシートを複数のユーザーで管理、作成できるとうメリットがあり、社内文書やプロジェクトメンバーごとに集まって効率よく作業できるようになります。

この共有機能が、共同制作者の招待を簡単に行え、なおかつそれらの編集作業予定をGoogle カレンダーでも共有できるようになりました。

特定のファイルを他のGoogle アカウントを持ったユーザーと共有するには、ドキュメントを開いた状態で、上部の”共有”タブをクリックします。

招待したい場合は、”招待する”欄に相手のメールアドレスを記入し、”共同編集者(閲覧者)を招待”ボタンをクリックするだけです。


google_docs_collabo_01.jpg


招待メールを受け取ったユーザーは、ドキュメントへのリンクをクリックすることにより、そのファイルを閲覧・編集することができるようになります。

追加された共同編集者は”共同編集者”欄に追加されます。


google_docs_collabo_02.jpg


共同編集者に対しては、"Email collaborators"をクリックして簡単にメッセージを送信したり、ドキュメントの作業についてGoogle カレンダーを使って予定を共有したりすることができます。


google_docs_collabo_05.jpg


Google カレンダーでドキュメントについて予定を共有したい場合は、共有メニュー内の”共同編集者と予定を作成”をクリックします。

ポップアップ画面で予定の日時や通知オプション、ゲストなどを指定します。(共同編集者は予定共有招待先としてゲスト欄に記載されています)


google_docs_collabo_04.jpg


予定オプションなどを記載したら、下部の”変更を保存”ボタンをクリックします。

招待された側には、以下のようなメールが到着し、招待された方が”Accept”ボタンをクリックすればその方のGoogle カレンダーにも同じ予定が追加されます。


google_docs_collabo_03.jpg


google_docs_collabo_06.jpg


このように、ドキュメントに対しての共同作業や予定の共有が、ファイルの送受信なども無く非常に簡単にできるのが便利ですね。

同じテーマの文書やワークシートを複数の人員で扱う場合、強力なツールになってくれるでしょう。


WEBの神?Google情報局 Topページへ戻る
posted by G-master at 22:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | Google ドキュメント

 

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
プライバシー ポリシー

プライバシー ポリシー当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。