Top Gmail ;>Gmailのアドレスは.(ピリオド)を抜いても、追加しても届きます。
2007年07月06日

Gmailのアドレスは.(ピリオド)を抜いても、追加しても届きます。

Gmailを取得する際、様々なアドレスを設定しますが、語句が長い場合、_(アンダーバー)や.ピリオドでつなぐ場合がありますね。

たとえば、gmail.testなどというぐあいにアカウントを設定するなどは良く見受けられますね。

実はGmailは、アドレスにピリオドを追記しても、ピリオドを抜いてもその間違った記述のアドレス宛のメッセージを受信することができます。

たとえば、元のアカウントがgmail.test@gmail.comだった場合、送信者がgmailtest@gmail.com宛にメッセージを送信しても、元のユーザーのマールボックスに到着します。

逆に、元のアカウントがhogehoge@gmail.comの場合、h.o.g.e.h.o.g.e@gmail.comでも、hoge.hoge@gmail.comでも、元のアカウント宛にメッセージが到着するようになっています。

たとえば、アカウント取得時に付けてしまったピリオドも、設定→返信先アドレスをピリオド抜きに変更して保存してやれば、事実上ピリオド抜きのアドレスが利用できるというわけです。
(逆にピリオド入りに変更することも可)

これで複数のアドレスを使う分けることが出来るわけではありませんが、うまく融通が利くようになっているんですね。

なお、アカウントにログインする際は元の正規表現でなければなりません。

詳しくは、Gmailヘルプセンターを参照してください。


WEBの神?Google情報局 Topページへ戻る
posted by G-master at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gmail

 

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
プライバシー ポリシー

プライバシー ポリシー当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。