Top Google 検索 ;>Googleの検索実験「Experimental search」を試してみる。
2007年05月21日

Googleの検索実験「Experimental search」を試してみる。

Googleは、独自の実験ラボ「Google Labs」でリリース前の様々なサービスを試験・公開しています。

Googleの核となるサービスである検索エンジンも、このラボで新しい試みが行われているようです。

サイン入りグッズや番組グッズなどプレゼントを大放出!「GyaO」

Googleが次世代の検索サービスを充実させるために行っている実験的検索エンジン「Experimental search」では、通常のGoogleではできない検索結果の表示や、ショートカットの利用などユーザービリティ向上のための下記の4つの技術を公開しています。

■Timeline and map views

検索キーワードに対して、関連する結果を年表別に表示してくれます、また、 ”Map view”に切り替えることによてそれらの関連地域がGoogle Maps上に表示されます。

experimental_search_01.jpg

検索例:Eagles

■Keyboard shortcuts

検索結果左側に位置を表す>マークが表示され、右側に表示されるメニューのようにキーボードを使うことによって表示結果間を移動したり、その結果サイトを開いたりすることができます。

experimental_search_04.jpg

experimental_search_03.jpg

検索例:Eagles

■Left-hand search navigation

検索結果の左側に画像・地図・ニュース・グループなどのメニューが表示され、そのキーワードに対して他のGoogleサービスからの結果を瞬時に得られることができます。

experimental_search_05.jpg

検索例:iPod

experimental_search_02.jpg

■Right-hand contextual search navigation

検索結果の右上部にさらに詳しい関連すると思われるキーワードを表示してナビゲートしてくれます。

これらの検索技術は、おそらく今後Google検索にフィードバックされることでしょう、現在のところ日本語キーワードでは結果を得られないものもありますが、情報を求めることに利用する検索エンジンがこのように進化していくのはありがたいですね。


WEBの神?Google情報局 Topページへ戻る
posted by G-master at 20:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | Google 検索

 

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
プライバシー ポリシー

プライバシー ポリシー当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。