Top Google Maps ;>メールのルートをGoogle Mapsに表示するマッシュアップ「Email graphic traceroute」
2007年03月30日

メールのルートをGoogle Mapsに表示するマッシュアップ「Email graphic traceroute」

Google Maps APIを利用したサイトが増えています。

地図上に様々な情報をグラフィカルに表示し、ユーザーは視覚的にそれらの情報を把握することができるという点で楽しいものです。

ブログランキング

メールのルートをGoogle Mapsに表示するマッシュアップサービス「Email graphic traceroute」もそんなグラフィカルなサービスのひとつです。

メールのヘッダ情報をコピペするだけで、そのメールが地球上のどのサーバーを中継して自分の元に来たかがわかるというもので、ややこしい記述のヘッダ情報も一目で確認できます。

利用方法はいたって簡単です。

メーラー(例としてThunderbird)の”表示”メニューから”メッセージのソース”をクリックし、ヘッダ情報を表示します。

Email graphic traceroute_01.jpg

表示したソースの中からヘッダ部分のみコピーします。
(普通に読めるメッセージ部分はコピーしません)

コピーしたヘッダ情報を「Email graphic traceroute」の右側のボックスに貼り付けます。

Email graphic traceroute_02.jpg

”Do it”ボタンをクリックし、しばらく待つとGoogle Mapsの世界地図上にメールの発信サーバーの場所、中継地点、到着場所がアイコンで表示されます。

Email graphic traceroute_03.jpg

緑のアイコンが発信地で、オレンジのアイコンが中継、または到着地点です。

それぞれのアイコンをクリックするとサーバー名やIPアドレスが表示されるようになっています。

意外な会社が意外な場所にサーバーを置いているのがわかったり、怪しいメールのルートが判明したりするのがおもしろいです。
WEBの神?Google情報局 Topページへ戻る
posted by G-master at 14:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Google Maps

 

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
プライバシー ポリシー

プライバシー ポリシー当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。