Top YouTube ;>YouTubeのプレーヤーがワイド(16:9)画面対応になりました。
2008年11月26日

YouTubeのプレーヤーがワイド(16:9)画面対応になりました。

今や家庭のテレビやPCのモニタはワイド画面のものが主流となっています。

そうした流れに沿ったのか、YouTubeで動画を再生する際のプレーヤーもいつのまにかワイド化されたようです。


従来、YouTubeで動画を再生するプレーヤーは4:3のものでしたが、本日より、プレーヤーの表示が16:9の横長ワイド画面となっています。


youtube_wide.JPG


これで筆者の4:3のPCモニタでも、臨場感溢れる動画を試聴できるかもしれません。

元画像が4:3の動画を再生する場合は、上記見本のように左右にブランクがある状態となります。

現在まだテスト段階のようですが、全ての動画がワイドになれば、よりテレビに近い感覚で動画を楽しむことができそうです。

まだご覧になっていない方は、是非16:9のYouTubeをお楽しみください。


<関連記事>


■YouTubeをカスタマイズする9種の機能を持ったGreasemonkeyスクリプト「YousableTubeFix」

■YouTubeの映像を高画質なH.264で楽しむことができるGreasemonkeyスクリプト「YouTube H.264」


オンライン口座開設で10,000円プレゼント

1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム
WEBの神?Google情報局 Topページへ戻る
posted by G-master at 13:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTube

 

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
プライバシー ポリシー

プライバシー ポリシー当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。